2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

ふとした瞬間に、風は変わる

パリーグ・プレーオフ第3戦。
今日もやっぱりテレビ中継はなし。
てことで、交流戦の時にお世話になったYahoo!のネット中継だ!

みんな考えることは同じと見えて、最初はなかなか繋がらなかったが、
しつこくアクセスを繰り返していたら、運よく繋がった。
一旦切ったら2度と繋がらなくなりそうだったので、
途中、晩飯で中断した時も繋ぎっ放しにしておいた。

試合は、今日も序盤からロッテがリード。
ホークスは打線が繋がらない。
なぜだ?「Yahoo!BB 光」なのに!?<違

ホークス4点ビハインドで9回裏を迎える。
マウンドには幕張の防波堤・小林雅。鉄壁の投手リレー。
しかし、その時カメラがとらえたロッテベンチに、
私はちょっとした「緩み」を感じた。
本当に微妙だけど、「もう勝った」という安堵感のようなものを。

まあ、無理もない。
ここまで本当に思い通りの、理想的な戦いをしてきたのだから。
しかもロッテは、勝てば31年ぶりの優勝。
誰もが未経験の胴上げ目前の状況に、平常心ではいられまい。
私も長年、そういうチームを応援してきたからよく分かる(笑)。

しかし、勝負事は「もう大丈夫」と思った時が一番危ない。
本当に、下駄を履くまで安心してはいけないのだ。
小林雅の最初の2球が大きく外れるのを見て、
ホークスに最後のチャンスがあるかも、と思った。

そう、確かに私は思った。
けど、正直あんな展開が待っているとは予想しなかった。
というより、予想している暇がなかった。
思ったことは、ただ一つ。

野球は怖くて、そして面白い。

こういう面白いコンテンツを、何でテレビでやらんかなあ?

今日の1勝で、間違いなく流れは変わる。
ホークスはまだ1つビハインドだけど、
徳俵からほぼ土俵中央まで押し戻した感じがする。

何より不振の主砲・松中が救われた。
明日の1打席目でヒットでも出たら大爆発の予感がする。
9回裏、二死ニ、三塁でロッテは松中を敬遠した。
それが伏線だ。と私は思っている。

まあ、阪神ファンとしては、あんまり勢いづかれるのも困るんだが(笑)、
9回裏から一変したヤフードームのスタンドの空気が、
風向きが変わりつつあることの予兆のような気がしてならない。

【今日の蛇足】
ムネリンよく打った! キミは男だ! さらば涙といおう!<違
ヒーローインタビュー、興奮してたなあ。分かるわぁ。
サヨナラヒットなんか打ったことないおっちゃんでも、よぉ分かるわ(笑)。
つーか興奮しすぎて自分でインタビュー締めちゃったよ(爆)。

それはともかく、「あんなチャンスに回ってきて幸せ」ってカコイイジャン!
まあ明日もいっとけや!
[PR]
by kofuso | 2005-10-15 23:47 | 02プロ野球