2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

10/23 「義務」じゃないよ、「権利」だよ

●0-10 M
観戦:サンテレビ(テレビ東京) 開始~終了

【今日の総評】
再三書いていることですが、勝負事ってのは流れがあるなあと。
6回表、一死一、三塁でアンディー併殺打。
その裏、里崎にヒットを打たれ、4番・太平サブロー。

安ちゃんの頭の中を想像するに「もうこれ以上、点はやれん」。
その力みがボールを少しだけ甘くした。
それをサブローが逃さずに打った。
ここで今日の勝負は決しました。

下馬評どおり、あるいはそれ以上の結果を出し続けるロッテ。
普段の力の半分、いや1割も出せない阪神。
この差はいったい何なのか。
もしかして、阪神は顔が濡れてるのか?<アンパンマンかい

もう、不思議なぐらいガム風はロッテにフォロー。
幕張の海風はトラには厳しかった。
やっぱ六甲のおいしい水山々から吹き下ろす風でないとダメみたい。

8打席連続安打のシリーズ記録を樹立した今江。
「阪神はこんなもんじゃないと思うんで、気を引き締めて」
みたいな、極めて優等生な発言。
「阪神? 大したことないッスね。手応えないですわ」
ぐらい言うてくれるかと思って期待してたのに。
いやマジで。

阪神は今季一番の不調ですな。
個人的には、負け惜しみでなく、「この時期に野球を真剣に観られる喜び」
を割りと感じながら観ているつもりではありますが、
今の状態で「楽しんでいる」とは、やっぱり言いにくいですわな。

何より、選手たちが「楽しんで」くれればいいのですがねえ。
あんまり肩肘張らず、難しいこと考えないで。
もうね、打席で力入りすぎてるのがビンビン伝わってくるわけですよ。
「勝たなあかん」「打たなあかん」という思考は捨てて、
野球というゲームを、もっと単純に楽しんでもらいたい。
どう転んでも、今年はあと数試合しかないんだから。

まあ、とにかく、この2戦は何もかもがロッテにうまく行き過ぎた。
しかし、そういつまでも続くはずがないですよ。
と、当のロッテの選手たちも思い始めてるんじゃないかな。
阪神の選手たちも、そう思ってやればいいよ。

【今日の格言】
悲壮感漂わしたら、ほんまに負けでっせ


【今日の一喜一憂】
・中味は同じだが、長年の功績に敬意を表しサンテレビで観戦。
・初回、まこっちゃんの悪送球…。足が動いてなかったねえ。腕も縮んでたし。
・片岡スタメン、やっぱきたね(笑)。ヒット出てよかったよ。
・あんまり喜ぶとこないんで、赤星の盗塁でガッツポーズしときました(笑)。
・しっかしボビーはほんまよくツバ吐くなあ。しかも決まってテレビに映った瞬間。
 もう、ディレクターがキュー出してるんかと思うほど。
・それと、勝っても全然笑わないね。緩まないようにという意図だろうけど、
 体調が悪いのかなと敵将ながらちょっと心配してみたり。
・今江は「ゴリ」と呼ばれているようですが、我が家では「ウータン」です。
 ゴリラっつーより、ありゃあ絶対オランウータンだよ(笑)。
・マリスタのスタンド見て、ロッテファンでなくて良かったと痛感。
 絶対体力もちません(笑)。ロッテと広島の応援は俺には無理だ(爆)。

【今日のシリーズ記録】
あんまり目白押しなんで、ちょっとメモ。
・ウータン8打席&打数連続安打、史上初の2試合連続4安打
・俊介11人目の初登板完封、3人目の初登板無四球完封
・ロッテ、6回の攻撃で6打席&打数連続安打(シリーズ史上3度目)
・ロッテ、史上初の2試合連続2ケタ得点

やっぱロッテばっかりか…と思うのは早計。ちゃんと阪神もあります!

江草、個人ゲーム最多暴投、個人イニング最多暴投「3」

……orz オチニモナラネエヨ、ケドショウジキワロタヨ、アンマリヒドクテヨ…

まあ、やっちまったもんはしょーがねえ。
今日だけ反省して、明日からやり直せ。
まずはキャッチボールからだ!<少年野球か
[PR]
by kofuso | 2005-10-23 23:57 | 01阪神タイガース