2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

「誇り」だけは捨てないでくれ―契約更改雑感

人様の財布の中味には基本的に無関心なんですが、
球児、セキ、トリ、久保田などなど、主力組に保留続出ですな。

記事を読むたびに不思議なのは、
球団は「最大限の評価をしている」と言っているのに、
本人や周囲(監督、ファンなど)は「低すぎる」と感じている点。

これは結局、コミュニケーションギャップでしょう。
岡田さんが言ってたと思うけど、下交渉せずにやるからこうなる。
従来からそういう習慣はなかったかもしれんが、
これだけ注目されるチームになってしまった以上、
球団・選手双方に悪いイメージがつくのは避けた方が賢明。
だとすれば、それなりの準備をしておくべきだったね。

私の印象では、球団は様子見をしとるなあ、という感じ。
とりあえず低いめに言うといて、ハンコついてくれたらラッキー。
保留されたら色つけよか、みたいな。
そこはほら、関西の会社ですので(笑)。

ただ、濱ちゃんなんかも含めてそうだけど、
今年が実質1年目だったり、復活途上だったりって選手は、
「来季はどうなのか?」という視点(不安)も当然あるわけで、
トリが「自分が実績がないのは最初から分かってる」と不満を漏らしたらしいけど、
そこを問われるのはある程度仕方ないような気もする。
もちろん、基本ラインは「今季」に置くべきだけどね。

トリなんか特に、来季はまだまだ伸びそうな気配があるから、
穿った見方をすれば、今年出し過ぎると来年以降どうしよう
みたいなことにもなりかねないわけで、今ならまだ抑えられる
という心理が働くのも無理からぬところかなあと。

それと、阪神も億を超える高年俸選手が増えてしまったんで、
若手・中堅クラスで上がり幅を大きくしにくい面もあるかもね。
「金額」じゃなく「幅」のね。
まあ、それは考え過ぎだろうけど。

あと、ここからが肝心なんだけど、
球児や久保田の発言で気になるのは、
「中継ぎ・抑えより先発の方が評価される」
と彼らが考えているっぽいところ。

推定提示額は、今年の彼らの活躍ぶりからして、確かに低く感じる。
もっと出してやっても、と無責任に一ファンとして思う。

でも、「中継ぎ・抑えの評価が低い」というのは
どちらかと言えば彼らの思い込みのような気がする。

金額の低さから、ついそういう発想に至ったんだろうけど、
「それなら先発をやるしかない」という発言は非常に残念。
今年、自分たちがやってきた仕事を自ら否定しちゃいけない。

今季のJFKはスゴかった。
SHEと呼ばれる3人もよく頑張った。
それはみんな分かってる。おそらく球団も。

「それが金額から伝わってこない」ってことだろうけど、
給料ってのは相対評価の部分もあるわけで、それはどこの企業でもそう。
野球選手は個人事業主といわれるけど、カネを出すのは会社だからね。
別に球団の肩を持つ気はないけど、そこは常識的に理解しとくべき。
その上で、主張すべきはして、とことん話し合えばいい。

ただ、「これじゃあ中継ぎはできない」ってのは、
そこでやるべき主張じゃないと思うんだよなあ。
今年やってきたことへの誇りを放り出しちゃダメだ。
それは、リリーフカーに乗って登場してくる彼らに
絶大な声援を送り続けたファンの思いを無にすることやで。
[PR]
by kofuso | 2005-12-02 13:17 | 01阪神タイガース