2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

4/27 ファットボトム打線!

○12-5 YB
浜中2、鳥谷4、矢野4。
今日の打点の数です(あとの2点は藤本とリンちゃん)。
6、7、8番で10打点ってどうよ? ってな感じで。

まあ、8回、9回はクリーンアップで無死満塁の形を作り、
さっきの3人で返すというパターンになったので無理もないが、
それを差っ引いても矢野やんの2発! あっぱれ!
特に2本目はすごい当たりでしたねえ。
残念ながら、2本とも生では見れなかったんだけど、
勢いが出てきたチームに、さらに力を与えるホームランでした。
(なんか、久しぶりに矢野やんの声を聞いた気がする(笑))

それにしても、今日は我ながら不思議だった。
仕事場でネット速報チェックしたら、初回いきなり4失点。
普通ならギャーッと叫びそうな展開なのに、
すぐに1点返していたからなのか、どういうわけか、
今日は勝ちそうな気がしたんですよ、ほんとに。

先々週、甲子園の開幕ゲームでDに5-0とリードしながら、
徐々に追い上げられ、最後は逆転負けを食らいましたが、
あれと逆のことが起こるんじゃないかなあ、と。

家に帰り着いた頃には逆転してるかな? と思っていたら、
マウンドには金澤がいて(7回裏)、まだ1点負けてたけど、
ほぼ予感通りの展開だったんで、こりゃいけそうだと。
で、8回表、先頭のアンディが出塁した時点で、
もうほとんど勝ちを確信してしまいました。

何でだろうなあ? ほんとに不思議なんだけど。
強いて理由を探すなら、打線の勢いを感じてたってことかな?
つまり、オーラが出てたと。
阪神の攻撃は、8回から見始めたのにね。

【今日の蛇足】
ダーウィンが良かったらしいですね。
こりゃ大きいなあ。
金澤も、佐伯を三振に取ったボールは素晴らしかったし、
開幕当初の不安が徐々に払拭されつつあるね。
その分、この3連戦は先発がちょっと不安定だったけど、
まあ、今度はやってくれるでしょう。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
サン 3勝2敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
毎日 3勝
読売 3勝1敗
サン 3勝2敗
大阪 2勝1敗
朝日 1勝1敗
NHK 1敗
関西 2敗1分
[PR]
by kofuso | 2006-04-27 23:15 | 01阪神タイガース