2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

5/25 大人の一敗

●2-3 M
さすがシモやんはベテランやね。
いろんなことが、よく分かっていらっしゃる。
いや、皮肉でも何でもなくてね。

一応、相手の本拠地だしね。
一つぐらいは負けとかないと、ロッテファンもつまらんやろし。
そこらへんに配慮できるのが、つまり大人の嗜みなわけでね。
てか、ヘタに3タテなんかして、ここで勢いつきすぎたら、
まだまだ先は長いのに、飛ばしすぎでバテてしまうかもしれんしね。

ってのもあるし、ロッテは明日から敵地でG戦なんでね。
ここは一つ景気づけの意味で、キャッチャーの里崎に花持たせて。
まあ、昨日はいい場面で2三振、今日も最初の打席で三振して、
相当悔しい思いをしてただろうし、このまま抑え込むとヘコんじゃうだろうし、
気持ちよく巨人と戦ってもらいましょうってことで。
さらにその次はヤクルト戦も待ってたりするし。

つーか、巨人、ヤクルトは、まだロッテとやってなかったんかいな。
そういえば、阪神も西武、楽天とはこれからやもんな。
ヘンな日程やなあ。

それはさておき、話をシモやんに戻せば、
自分は最後まで一人で投げ切って、中継ぎ・抑えを休ませてね。
与四死球4はナンだけど、被安打4やもん、結果としては悪くないでしょ。
たまたま打線が打ってくれなかったんだから、仕方ないよね。
きっと次につながるよ、今日のマウンドは。

まあ、今日は5回と9回、点を取った後にまだチャンスがあったのに、
そこで1本出なかったのが敗因なんだろうけど、
そういつもいつも、うまくはいきませんわな。
最初に戻るけど、先々のことや周囲のことまでよく見えた
「大人の敗戦」ってことで、今日は手を打っときましょうや。

【今日の蛇足】
1日遅れの話題ですが、
せっかく上向いてきたかと思われたまこっちゃんが負傷欠場。
今年は彼にとって、試練のシーズンなのかもしれません。
ここ数年、恵まれた素質をパワーに変えて一流打者に上り詰めたけど、
さらに一段ステップアップするのに必要なカベが出現したと。

妻は「将来、いい指導者になるためなんじゃない?」と。
結果の出ない苦しみや焦り、試合に出られないもどかしさ、悔しさ…。
おそらく、ここ最近、彼が経験しなかったものを天から与えられることで、
そういう選手の気持ちや何やかやを噛み締めなければならない時期だと。
なかなか、いい視点だと思いました。

彼がこの苦難を乗り越えた時、私たちの目の前には、
もっと大きな今岡誠の勇姿があるはず。
大丈夫、彼ならきっと期待に応えてくれるさ。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
読売 6勝2敗
なぜか一番勝率のいい読売テレビ。
今日は残念でしたが、実は明日、明後日もここが中継です。
むふーっ!←鼻息。やや荒め

〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 10勝4敗
読売 6勝2敗
毎日 5勝3敗
朝日 4勝2敗
大阪 3勝1敗
関西 1勝3敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-05-25 23:57 | 01阪神タイガース