2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

7/8 井川の完封が見たかった

○4-2 S
9回2死からトリがヒットを打った時、
ノーヒットノーランを免れたような気分になったんですが何か?

今日は初回にアニキ・アンディ・矢野やんの3連続タイムリーで3点。
2回、赤星のタイムリーで追加点。
こりゃあ一体、今日は何点入るんだ? ってな感じだったそうです。

「そうです」ってことは、つまり観れなかったわけです。
いや、今日は最初から放送は観てたんですよ。
でも、テレビ大阪で中継始まったのは2回のセキの打席から。
つまり、おいしいとこは全部終わってたわけ。
しかも、その後、ヒットどころかランナーも出ねえ。

おかげで阪神の攻撃、早い早い。ヤクルトも早かったけど。
そんなわけで、冒頭のような感想も無理からぬところでしょう?

はぁ…もう打つ方の話すんの、やめよ。
閑話休題。

いやあ、井川は良かったねえ。
ここんとこ、安定してきたねえ。
特に真っすぐのキレがいい感じ。力強さが出てる。
今日はテンポも良かったし、途中からパターンを変えたりと工夫も見れた。
バッテリーの呼吸がピッタリでしたね。

それだけに、9回途中降板は残念。
青木の一発は…まあ、甘いといえばその通りだけど、うまく打たれた。
その後の四球も確かにイヤな感じではあった。
でも、あそこで交代は…今日は井川と心中してほしかった。
あの最後のピンチを力強く乗り切る姿を見せてほしかった。
ダメだったかもしれないけど…賭けてほしかった。任せてほしかった。

おそらくブルペンは、いつもほどの準備はしていなかったと思う。
球児にとっては、たぶん突然の出番だったのではないか?
あれはちょっと可哀想だった。井川も球児も。
球児が出てきてからの方が、今日はドキドキしたもの。

てゆーかさ、今日の試合は
井川が最後まで投げなきゃ何にも残らない試合だからさ。
すごーく個人的な話だけど、ベンチと波長が合わないなー、最近。

【今日の蛇足】
今日の勝利投手は井川。
セーブポイントは藤川。
敗戦投手は石川。

あ、いや、みんな「川」がつくなあと…←それだけかい

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
大阪 5勝3敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 19勝8敗1分
読売 9勝6敗
毎日 6勝3敗
大阪 5勝3敗
朝日 6勝7敗
関西 3勝5敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-07-08 23:19 | 01阪神タイガース