2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

8/31 しびれる逆転、魂の勝利

○8-7 D
昨日も書いた「今までと違う何か」が、虎を勝利に導いた。
気迫。執念。粘り。諦めない気持ち。
どんな表現でも構わないが、私はあえて言う。
「魂のこもった勝利」と。

序盤で4点のビハインド。
相手はエース川上。
しつこいようだが、今までならこれでジ・エンドだ。

しかし、虎は蘇った。
私が帰宅したのは8回裏。
うまい具合に、ハマちゃんの逆転2ランに間に合った。
トリの追撃弾が効いた。
日曜日の巨人戦に続き、トリによる「もう1点」が、途轍もなく大きかった。

球児は明らかに本調子ではなかったが、
中日打線の食らいつく姿勢も、敵ながら天晴れだった。
岡田監督は試合後、「お前の好きなように投げろと言った」と話したが、
福留に変化球を打たれたのが気に食わなかったのではないかと感じた。
「何を怖がっとる。真っすぐで思い切り勝負せえ!」と。

お立ち台のハマちゃんはカッコよかった。

「ホームランは狙っていた。自分で決めようと思った」
「(中継ぎ陣が頑張り)今日はチーム全員の勝利です」
「夏休み最後の日に、子供たちに勝利をプレゼントできて良かった」


話しぶりに貫禄が出てきた。

この3連戦、首位チームに1つも勝たせなかった。
しかも劣勢を跳ね返して。
残り28試合。あと1カ月。
最後まで魂のこもった試合を観せてほしい。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
サン 29勝16敗2分
読売 12勝10敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 29勝16敗2分
読売 12勝10敗
朝日 9勝8敗1分
大阪 7勝6敗
毎日 6勝5敗
関西 5勝6敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-08-31 22:58 | 01阪神タイガース