2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

9/5 もちろん福原も素晴らしい!

○5-2 G
今月に入ってタイトルが似ているけど、気にしちゃいけない(笑)。
だって本当に素晴らしい人が続出しているんですもの。
決して手抜きではありませんよ、ええ。

今日のヒーローは阪神釣り部の部長&副部長バッテリー(笑)。
フクちゃん、2年ぶりの2ケタ勝利おめでとう。
中4日をものともしない完投勝利、天晴れでした。
矢野やんもようやく振れてきたねえ。
7番がいい場面で打ってくれると実に頼もしいです、はい。

それにしても日曜日はアンちゃんが中2日で完投(完封)。
今日はフクちゃんが中4日で完投。
ちょっと思ったんですが、

登板間隔短い方がええんちゃうかキミら?

中6日もあると、長すぎてダレてたりして。

まあ、それはどうだか分かんないけど、一つ確信したことは、
去年は、先発陣は甘えてた部分があったのかもなと。
JFKがいて磐石だった分、中盤あたりで苦しくなると
「替えてもらえる」という安易な思いが、どこかにあったかも。
まあ、それはそれで仕方のないことではあるんだけど。

でも今年は、特に今は違う。
久保田はいないし、球児は疲労困憊。ジェフも万全じゃない。
「1イニングでも多く投げる」
この命題のもと、先発陣に気持ちの粘りが出てきたように見える。

井川、安藤、福原と、ここ6試合中3試合が先発完投勝利。
ここにも、チーム一丸の姿が見える。

【今日の記録】
チーム一丸といえば、今日は先発全員の毎回安打。
阪神では、なんと60年ぶりの記録だそうです。
つまり、みんな頑張ったのさぁ。

【今日のファイティングスピリット】
7回2死、トリがセンター前へ、今日3本目のヒット。
それをセンター鈴木が後逸。打球はフェンスへ転々。
トリは一気にホームへ!
しかしタッチアウト! 残念。

でも、私はあの走塁を称えたい。
試合展開からいっても、絶対に突入すべき場面。
ホームへの送球がたまたま3塁側へそれてアウトになったが、
サードで止まってしまうより、全然よかったと思う。
たとえ次が、当たっている矢野やんでも。

そして何より、交錯した阿部が痛そうにしていたのと対照的に
何食わぬ顔でケロッとしていたトリ。
ケガしなくてよかったと思うと同時に、彼のタフさを感じました。
ナイスファイト。
でも1塁への送球は正確にな(笑)。
(6回表、李のゴロをさばくもワンバウンド送球)

【今日の蛇足】
「矢野さんのおかげです」
ヒーローインタビューでフクちゃんが必ず言うセリフ。
どうもシモやんの「勝てたらいいなあ」を意識して
流行らせようとしているような気がしてならない(笑)。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
読売 13勝10敗
頼むから30分延長してくれよ…。
てか、最後まで放送せんのやったらサンテレビに譲れって。

〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 29勝16敗2分
読売 13勝10敗
朝日 9勝8敗1分
毎日 8勝5敗
大阪 7勝6敗
関西 5勝6敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-09-05 23:22 | 01阪神タイガース