2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

9/24 タイムリー・ディフェンス

○4-1 G
今日のヒーローインタビューは藤本だった。
と言っても、決勝打を打ったとか、そういうのではない。
それどころか、今日は3打数ノーヒット。
ホームランを打ったのは昨日の話。

それにもかかわらず選ばれた理由は、再三にわたるファインプレー。
特に5回裏の守備は秀逸だった。
ノーアウト1、3塁で清水のライナーをジャンプして好捕。
さらに2アウト1、2塁でセンターへ抜けそうな打球を横っ飛びでつかみ、
すぐに起き上がって、俊足の打者走者・鈴木を1塁で刺した。
点差を広げた直後だっただけに、この2つのプレーは大きかった。

藤本は先日のヤクルト戦でも、立ち上がりに青木の打球を好捕。
いきなりのファインプレーでスギちゃんの投球にリズムを与えた。
タイムリーヒットを打てば殊勲だが、相手のタイムリーを防ぐことは、
局面によっては打つこと以上に価値が高いと思う。
試合の流れをつかむ、あるいは手放さない守り。
このゲームにおける藤本のディフェンスは、2本のタイムリーにも値するものだった。
だからこそ、今日のヒーローに選ばれたのでしょう。

ところで、アウェーの試合でもヒーローはチームの広報が選ぶのかな?
だとしたら、広報もファインプレーやったね。
派手なホームランや殊勲打ばかりが注目されるのではなく、
こういうのがスポットライトを浴びるって、すごくうれしいし、
チームが一丸となって戦っている姿勢が示されている気がして、ええ感じやなあ。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
読売 15勝11敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 35勝17敗2分
読売 15勝11敗
毎日 9勝5敗
朝日 9勝8敗1分
大阪 8勝6敗
関西 5勝7敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-09-24 21:54 | 01阪神タイガース