2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

10/16 有終

○3-0 S
井川、完封で14勝目。
そして194奪三振でタイトル獲得。
最終回に3つ強奪(?)して川上に並んだ。
防御率も2点台(2.97)にして、有終の美を飾った。

例によって「メジャー行き」の憶測が飛びまくっているが、
どうなるにせよ、井川本人と球団の双方が納得いく結果になればと思う。
ただ、彼の代わりを作るのはなかなか大変やね。
それだけは間違いないですわ。

チームに関しては、もう何度も書いているけど、
優勝は逃したものの、本当に最後まで楽しませてもらった。
84勝58敗、貯金26は優勝してもおかしくない成績。
しかし、その結果以上に、今季はあの猛烈な追い上げに尽きる。

ここ最近の2度の優勝は、いずれも先行逃げ切り。
崖っぷちからあきらめずに追いかけるという経験の中で、
チームは間違いなく強くなったと思う。
そして、私たちファンにとっても、実に貴重な経験だったと思う。

ていうかね、2位という結果を「残念」と言えるようになった。
そのことが、いろんな意味ですごいことなんです。
最下位が定位置だった時代のことを少し頭の隅っこに置きつつ、
今季、最後まで全力で走り切ったからこそ、「残念」と言えるわけで。

今日、「ファン感謝デー」の抽選発表があって、
残念ながら外れちゃったんですけど、
一ファンとして、むしろ選手の皆さんに感謝したい今シーズンでした。
来年もまた熱いシーズンを、よろしく頼みます。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
なし
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 41勝19敗2分
読売 15勝11敗
毎日 9勝5敗
朝日 9勝8敗1分
大阪 8勝6敗
関西 6勝7敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-10-16 23:59 | 01阪神タイガース