2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

別に打ち込まれたわけではないと思うが。

■阪神キャンプでフェンス投壊、ファン負傷
阪神の岡山・倉敷秋季キャンプで前代未聞のアクシデントが発生した。第4クール2日目の13日、倉敷市の倉敷マスカットスタジアムに隣接するサブ球場で、鳥谷敬内野手(25)がファンのサインに応じた際、三塁側芝生席付近に観客が殺到。鉄製フェンスが曲がって壊れ、約10人がグラウンドに倒れ込んだ。頭を打った小4の男児が救急車で倉敷市内の病院に送られるなど3人が軽いケガ。14日から同球場の芝生席へのファンの立ち入りは禁止される。

以上、大阪日刊スポーツより引用。

まず最初に指摘しておくが、見出しの「投壊」は誤り。
別にタイガースの投手陣がボコボコに打たれたわけではない。
てか、普通、こんな変換は出てこない。
スポーツ新聞だと、この当て字を使うことの方が多いんやろね。
この記事を書いた記者がワープロソフトに辞書登録してたのがアダになったな。

で、事故の方だが、軽傷ですんだのは不幸中の幸いだった。
ただ、子供はともかく、大人が殺到したってのは、ちょっと気にかかるな。
本来、かばってやらなきゃいけない存在のはずだからね。
気持ちは、すごーく分かるんだけど。

あと、日本のこの手の施設って、こういう交流を前提に造られてないのかな、と。
キャンプ地じゃ、どうなのか分からないけど、
こういう光景って、日本じゃ最近のことのような気がするので。

それにしても、記事中の写真。
人が倒れてるのを尻目に、それでも色紙を手にトリに駆け寄る少年。
ある意味、たくましい(笑)。
いや、皮肉でも何でもなくて。
[PR]
by kofuso | 2006-11-14 12:27 | 01阪神タイガース