2005年9月~2006年12月のタイガースに関する記録。


by kofuso

<   2006年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

6/6 初のケータイ更新

●0-3 F
忙しくてPCに向かう時間がなかったんですよ。
てことは、観戦する暇も当然なかったわけですよ。
ま、結果を見る限り、新庄のパフォーマンスぐらいしか書くことなさそうなんで、
いっぺん試してみました、みたいなノリですわ。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
朝日 4勝6敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 14勝4敗
読売 8勝3敗
毎日 5勝3敗
大阪 3勝1敗
朝日 4勝6敗
関西 1勝3敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-06-07 19:09 | 01阪神タイガース

6/4 さすがに

●2-6 H
ホークス相手に3タテは難しいですわな。
でも、地元で勝ち越し、トータルで五分。上々でしょう。
今週の6連戦も2勝1敗ペースを堅持。
特に前半は打線が苦しい中、よく頑張ったよね。
おっけーっす!

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
朝日 4勝5敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 14勝4敗
読売 8勝3敗
毎日 5勝3敗
大阪 3勝1敗
朝日 4勝5敗
関西 1勝3敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-06-04 23:08 | 01阪神タイガース
○8x-7 H
最終回、アンディとカネもっちゃんの連打が出た時、
サヨナラ勝ちという結末はほぼ見えた。

しかし、それにしてもトリだ。
おいしい場面で回ってくる巡りの良さ。
前進守備だったからこそのサヨナラヒット。
そして、3試合連続のヒーローインタビュー。

これは単なる運ではない。
確実な力の高まりが、強運を呼び寄せるのだ。

先月、福岡で対戦した時、
「負けたけど、杉内をマウンドから降ろせて満足」と書いた。
今日は、結果においても過程においても、紛うことなきノックアウト。
勝負の行方は最後までもつれたものの、
昨日、今日と、ホークスの左右の両エースに一泡吹かせたことは、
単なる2勝以上に価値のある勝利だったと思う。
そして、打線に粘りが出てきたことも──。

【今日の蛇足】
一昨日、楽天戦のヒーローインタビューで、
「ソフトバンクに3連勝したい」と強気発言をしたトリちゃん。
福岡3連戦の前夜も同じように宣言し、結果は1勝2敗だった。

それだけに、「それは言わなくていいから」と苦笑したわけだが、
ちゃんと自分で打って勝ってますがな!
まさに有言実行。恐れ入りました。

で、今日のインタビューでも「明日も勝って3連勝を」と発言。
うむ、分かった。託したで!

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
サン 14勝4敗
読売 8勝3敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 14勝4敗
読売 8勝3敗
毎日 5勝3敗
朝日 4勝4敗
大阪 3勝1敗
関西 1勝3敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-06-03 22:53 | 01阪神タイガース
○4-0 H
昨日までパの最下位・楽天に苦戦続きの阪神。
これじゃあ、ソフトバンクに勝つのは大変だぞ──。
ごく普通に考えたら、そういうことになるはず。

しかし、終わってみれば4-0の完勝。
打線はホークスの右のエース・斎藤を打ち崩す。
12安打で4得点はちょっと控えめだが、10試合ぶりの2ケタ安打。
投げてはシモやんが7回を3安打無失点。
球児-久保田(3者連続三振!)とつないで完封リレー。

ほんと、野球は分からない。
そして、やっぱりおもしろい。

ただ、おそらく一つ言えることは、
あの一昨日の惨めな敗戦と、昨日の苦渋に満ちた勝利が、
今日の試合につながった、ということだろう。
交流戦、ホークスから甲子園で初勝利!

【今日の蛇足】
トリが2試合連発で、連続お立ち台。
第2打席の2ベースも、風によっては入っていた当たり。
そして、レフトへの一発は、いわゆる掛布アーチ。
本当に、先の楽しみを与えてくれるプレーヤーになってくれました。

それから、「風によっては入っていた当たり」といえば、
赤星の第1打席の3ベースも。いやあ、よく伸びた。
彼のああいう打球、久しぶりに見たなあ。
もっともっと、見たいなあ。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
サン 13勝4敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 13勝4敗
読売 7勝3敗
毎日 5勝3敗
朝日 4勝4敗
大阪 3勝1敗
関西 1勝3敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-06-02 23:12 | 01阪神タイガース
○2-1 E
最終回のマウンドに上がり、黙々と投球練習をする久保田。
そのすぐ後ろで、それを見守る岡田監督。
あの時、二人の、いや阪神ナインの胸中はどうだっただろう?

「抑えは久保田より藤川の方がいいのでは?」

いろんな所で、いまだにこういう意見をよく目にし、耳にする。
考え方はそれぞれだから、それはそれで構わない。
が、私は、少なくとも去年の9月7日以降、
そう、あのナゴヤでの死闘よりこっち、そういう思いは全くない。

だから8回裏、走者2人の場面で迷いなく球児に代打を出し、
9回のマウンドを、当然のように久保田に託した采配は、
ほんの少し嬉しくて、心から納得できるものだった。
もしそうでなかったら、久保田はもうおしまいだったから。

最後の打者のバットが空を切った時、
みんなの気持ちがリセットされたように思えた。
きっと、100%ではない。
でも、ほんのちょっとでも前に進むことが、何より大事なのだ。

福ちゃん、今季初勝利。
JFK、今季初の勝利の方程式完成。
月も変わった。
ここから、また新たなスタート。

【今日の蛇足】
それにしても点が取れないなあ。
ヘタをすれば、3連敗していてもおかしくない3日間だった。
楽天には悪いが、楽天だったから何とか勝ち越せた。
そういう意味ではツキがあるということかもしれないが。

ともかく、トリちゃんナイスホームラン。
救世主はキミだ、車掌はボクだ←違
でも「ソフトバンクに3連勝宣言」はしなくていいから(苦笑)。

【今日の中継】(関西・地上波アナログ限定)
サン 12勝4敗
〔今季トータル〕(複数局同時中継の時は、それぞれ加算)
サン 12勝4敗
読売 7勝3敗
毎日 5勝3敗
朝日 4勝4敗
大阪 3勝1敗
関西 1勝3敗1分
NHK 1敗
[PR]
by kofuso | 2006-06-01 23:58 | 01阪神タイガース